東京 目黒 自由が丘八雲住宅設計事務所1967年開設して半世紀50余年住宅設計350余棟豊富な実績豊かな経験を裏付けに住宅を設計する住宅設計事務所
 
お問い合せはこちらからどうぞ 
住宅設計事務所 建築家の設計する住宅(終の棲家)2 東京住宅設計事務所 建築家の設計する別荘スキー山荘 暖炉のある家1住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス暖炉のある家1 千葉県住宅設計事務所 建築家の設計する木造住宅 東京住宅設計事務所 建築家の設計する 住まい+アトリエ 東京住宅設計事務所 建築家の設計する 住まい+アトリエ 外観住宅設計事務所 建築家の設計する木造3階建て住宅1 横浜住宅設計事務所 建築家の設計する三世帯住宅テラスハウス型 東京1住宅設計事務所 建築家の設計する医院ベビー&レディースクリニック1 静岡県住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家2 東京住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家1 東京住宅設計事務所 建築家の設計する暖炉のある住宅1 神奈川県住宅設計事務所 建築家のつくる暖炉のある木造住宅 神奈川県住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅1 東京
上記各画像クリックでその詳細を御覧下さい  
 
 

住宅設計事務所 建築家木村俊介案内

 

 木村俊介建築設計事務所は 住宅設計 監理
 を専門とする設計事務所です


建築家木村俊介はどんな人間なのか?

半世紀にもわたり住宅設計を続ける
住宅設計事務所 建築家木村俊介
の姿を覗いてみて下さい

・「仕事場−事務所はわれらの夢のゆりかごだ
 気になるあの人の仕事場を訪ねて」
と題して 
木村俊介建築設計事務所 建築家木村俊介の
仕事場が 建築ジャーナル2015年9月号
(No.1242号)に紹介されています 

 

住宅設計 工事監理を 住宅設計事務所
建築家木村俊介 はどのように
おこなうのか

 
住宅設計の第一歩は 
その中で営まれる 生活の設計 です
 
2世帯住宅 多世帯住宅設計 を住宅設計事務所 建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

2世帯住宅 多世帯住宅 賃貸併用住宅
設計をどのようにおこなうのか

 
2世帯住宅設計の考え方
家族関係  建築プラン
2世帯住宅間の家族交流のために


戸建住宅2世帯住宅にリフォーム
そのリノベーション設計をおこなった
事例詳細リポート


2世帯住宅設計間取り集実例多数
 

賃貸併用住宅における 企画 設計監理
住宅設計事務所建築家木村俊介は
どのようにおこなうのか

矮小敷地(約80u)における事例を含む
多数
賃貸併用住宅の実例

2世帯住宅 多世帯住宅設計 を住宅設計事務所 建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
 
リフォーム住宅設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
リフォーム住宅 リノベーション住宅
設計監理を
住宅設計事務所建築家木村俊介 は
どのようにおこなうのか
 
リフォーム住宅だから リフォームマンション
住戸だから 周到な平面プランニング
インテリア空間のすばらしさ
は望めないのでしょうか
 
リフォーム住宅設計監理から 
耐震補強の安心と優れた居住性を
持つ新しい住まい が実現します
 
30年の月日を経て更なる世代交代を
迎えるための リフォーム リノベーション
が加えられた実例 その詳細リポート


この住宅の リフォーム リノベーションと
ヨットの リフォーム リノベーション
との関係は?


・スケルトンリフォーム住宅設計事例
(全面改修)戸建住宅から2世帯住宅への
改築と耐震補強工事実例のリポート
その1その2

耐震補強を 既存の構造を見直して
おこなう木造住宅 スケルトンリフォーム
リノベーションの詳細

マンションスケルトンリフォーム
リノベーション設計そして
予算計画と工事費確認
をどのようにおこなうのか
(コロナ禍による工事費変動調査中)
実例の詳しいレポートを御覧下さい

その1その2その3
リフォーム住宅設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
 
クリニック 医院の設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのかその設計に目指すものとは ― その実例
クリニック 医院の設計監理を
住宅設計事務所建築家木村俊介
はどのようにおこなうのか
その設計に目指すものとは


実例Y医院併用住宅設計詳細
実例Y医院には 県内の広範囲からこの医院の
魅力に惹かれてここでお産をされる方が集まる
のは何故か?

医院併用住宅設計実例間取り集 平面プラン集
・産婦人科 内科 整形外科 眼科 耳鼻科
歯科
クリニック 医院の設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのかその設計に目指すものとは ― その実例
 
別荘設計監理 を 住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

別荘設計監理 を 住宅設計事務所
建築家木村俊介はどのように
おこなうのか


別荘設計を寒冷多湿地におこなう場合の
設計事例


奥志賀 スキー山荘 大自然の中に建つ
冬のスキー別荘 そして夏の家


八ヶ岳 四季を楽しむ永住山荘

箱根と東京の2つの住宅に住む 休日の住まい

別荘設計監理 を 住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
 
子供を育てる若い世代の住まい
設計の考え方
 
・家族の巣の中に密室の子供室はいらないのでは
・親の生き方を子供に伝えたい
・家族のたまり場をつくった
住宅設計の実例
建築家木村俊介自宅 数十年以前の姿です
 
住宅間取りのつくりかた その背後
にある
住宅設計手法の数々のヒミツとは
住宅間取り実例(平面プラン実例)多数
 
・住宅間取りは住宅設計の第一歩であり重要な
要素ではあるがそれがすべてではない

・住宅設計事務所建築家木村俊介のつくる住宅
はどのように設計されてゆくのでしょうか

・住宅設計の間取り その第一歩はどうやって
始めるのか


・住宅間取りはまず インテリア空間の
マス(かたまり)から考える


・住宅設計の 方眼紙を使わない間取り 
でなにが変わるのか?

・住宅設計 間取りのヒミツ  落ち着きを
求めたインテリア空間の壁面のボリューム
そして 明るさ 暗さ

・住宅設計の間取り 動線設計には実質的機能
だけでなく情緒的機能も重要

・住宅設計の間取り 動線設計 は円を
描く
ようにする

・住宅設計の間取りには (ま) をほど
良くとる

・住宅設計の間取り はその住宅のすべての
基本コンセプトを裏付けとしてつくられる
図面
です
 

住宅工事監理を住宅設計事務所
木村俊介はどのようにおこなって
いるのか 住宅設計事務所建築家
木村俊介のおこなう住宅工事監理手法
 

 
   ・木造住宅工事監理とはどんなものなのか
   ・軟弱地盤に建つ木造住宅の基礎設計とは
どんなものなのか
   ・鉄筋コンクリート造住宅のコンクリート打設
までの工事監理とはどんなものなのか
   ・重量鉄骨造3階建住宅の設計監理とは
どんなものなのか

そのメリットデメリットについて
 
住宅設計事務所建築家木村俊介
の設計する 住宅建築工事費
 
  ・木造 鉄筋コンクリート造 
重量鉄骨造住宅各構造方法別 
築工事費 坪単価 算出の目安
 
それぞれの 構造方法における
メリット デメリットについて
 
住宅設計事務所建築家木村俊介

住宅設計監理料(住宅設計監理報酬)
について

 

住宅設計をとりまく最新情報
    を常に背景として住宅設計を
おこなっています

 
・グリーン住宅ポイント制度が始まる
・太陽光発電とは
・太陽光発電と蓄電池
・太陽光発電のメリットデメリット
・スマートハウスとは
・長期優良住宅とは
・省エネ時代のZEH住宅とは
・耐震補強とは
・公的補助金の利用を積極的に計画しよう
・建築物省エネ法改正 2021年施行
 

建築家木村俊介
のつぶやき・ブログ
エッセイ

 
  キャリア50余年(半世紀)住宅設計舞台裏の話
  キャリア50余年(半世紀)日曜ヨット乗り 
              舞台裏の話
 

 11月04日(2020年)投稿

moon
 住宅設計―季節の御挨拶 ようやく秋冷の訪れです
 筒美京平さん 遠い世界に旅立たれる
 

 10月30日(2019年)投稿

 住宅設計― 大きな渦巻きの中心(台風の目)
 の中はどんなところ? 気持ち昂る初体験!
 

 08月02日(2019年)投稿

 住宅設計― 住宅設計事務所+建築家自宅
 この季節の風景 その2
 
   −ブログリスト−
 

住宅設計事務所建築家木村俊介
のおこなう住宅設計監理 ナビ
−住まいが出来るまで−

 
建築主が 夢 をかたちにしてゆく
プロセスをナビするページです
−夢を かたち にするための様々な
設計手法について−
 

サイトマップ

 
   このホームページファイル構成の詳細な
   御案内です 約150ページ(項目)で構成
   されていますクリックで目的のページへどうぞ
 

住宅設計相談 御問い合わせ を歓迎します

 

住宅設計相談 御問い合わせ を無料で
お受けするのは何故なのか?
あなたの土地選定は
それで大丈夫ですか?

 
住宅建築家木村俊介がお受けする
住宅設計相談
は 住宅設計事務所の
おこなう重要な職務
と考えております
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
住宅間取り図作成は貴方の夢をかたちにする
住宅設計 の第一歩です

お気軽に住宅設計事務所建築家木村俊介を御利用
いただきたい という願いから
この「住宅間取り設計図作成」というシステムでの
 設計業務 も おこなっています

住宅設計事務所 建築家木村俊介が
貴方のライフスタイルを充分に受止め
貴方の土地に合わせて作成する
住宅間取り図 は 貴方の住宅実現のための
基本となり第一歩となる
価値ある設計図となります

住宅設計事務所 建築家の設計する住宅間取り図作成モデル1 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅間取り図作成モデル2
設計図と共に御要望により御提供する縮尺1/50模型
この住宅の詳細を御覧下さい
住宅設計事務所 建築家の設計する住宅1 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅2 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅3
住宅設計事務所 建築家の設計する住宅4 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅5 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅6
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
住宅設計  住宅設計事務所
建築家木村俊介 つくる住宅とは
 
10年住んでも20年住んでも 住めば住むほど
住みやすさ」のために
その魅力の虜になってゆくような 優れた
居住性
そして耐久性を持ち
10年 20年で色あせる 今はやりのトレンドの
外観やインテリアデザインを追った住宅
ではなく 長い年月を経ても変わらぬ
落ち着いた美しいたたずまいをもつ住宅
です

住宅が優れたデザインでつくられるのは
当然
のことです
しかし 美しい形を追いかけただけの住宅では
本当に住みよい住まいにはならない

と 建築家木村俊介は考えます

住宅設計事務所設立以来半世紀50余年
350余棟
におよぶ住宅設計から得た
豊富な経験
に裏付けられた
住宅設計 のノウハウの蓄積が そのような
 
機能 技術 耐久性 に優れ
しかも美しい住宅をつくりだすことを
可能にしています
 
住宅設計事務所建築家木村俊介のつくる
ほとんどの住宅はごく普通の住宅と同じ
低廉な工事費と仕様
でつくられています


これらの住宅 が 工事費の多寡によらず
住宅設計のテクニックを駆使することによって
どのように魅力ある空間になってゆくのか を

そして20年も30年も経過したこれらの住宅が
今も変わらぬ魅力を持ち続けていること 


あるいは小さな住宅の吹き抜け空間が
他の住宅の室内とは
何か違う空間であることを


感じ取って頂きたい と願っています
住宅設計事務所 建築家の住む都市型住宅 東京
この建物の中で
何をしているのか


 




事務所併用都市型住宅
鉄筋コンクリート造
 
敷地面積77平方メートル
(23.3坪) 東京


狭小 変形 傾斜など
条件の厳しい敷地に
建てる住宅設計の原点は
木村俊介建築設計事務所
建築家木村俊介自宅

建築です
住宅設計事務所 建築家木村俊介が 貴方のライフスタイルを充分に受け止め
貴方の土地に合わせて計画する 住宅設計 をしています
木村俊介建築設計事務所 建築家木村俊介  仕事場(事務所) その詳細
住宅建築家の住む都市型住宅 モデルハウス 食堂2 住宅建築家の住む都市型住宅 モデルハウス 食堂入口扉
この小さな 
設計事務所併用住宅は 良好な周囲の環境の中にあって 半世紀 50年近い年月が経過した 
 優れた居住性を維持しています
 
住宅建築家の住む都市型住宅 モデルハウス 食堂1 東京 住宅建築家の住む都市型住宅 モデルハウス キッチン

住宅設計事務所 建築家の住む都市型住宅 モデルハウス3

住宅設計事務所 建築家の住む都市型住宅 モデルハウス4
住宅建築家の住むこの小さな設計事務所併用都市型住宅とはどんなものなのか 
その詳細
 
 住宅設計事務所建築家木村俊介住宅設計に目指すものとは
本物の 住宅 人間の巣 をつくること です
鳥はその生き方にふさわしい巣をつくる 人間は
住宅のインテリア空間 は そこに住む家族の生き方の表現です
その詳細  
住宅設計事務所 建築家の設計する木造住宅 東京

住宅設計事務所 建築家の設計する木造住宅吹き抜け空間

Oさんの住宅
敷地面積161.7u
(49坪)東京
戸建 都市型住宅設計事例  この詳細
 
 
 
メイクアップアーティスト藤原美智子さんのインタビュー記事と 人間の巣
美は知力 自分らしさを生かして内面から輝く
住まいの場合も同じなのだ
この記事の詳細  
 
単純 頑丈 質実 風格 小さくても本物の珠玉のような住宅
単純 頑丈 質実 風格 本物の珠玉のような住宅
住宅設計事務所 建築家の設計する終の棲家 夫婦の巣 Ii さん夫妻
 つい の住処
敷地面積136u(41坪) 2019年竣工
千葉県流山市


Ii さん夫妻の巣 この設計コンセプトが
決まった経緯を御覧下さい
 

住宅設計
―建築主からいただく得難い貴重なものとは?
   
   
   
住宅設計事務所 建築家の設計する三世帯住宅テラスハウス型 東京1

3世帯住宅 3層1戸×3戸のテラスハウス型住宅  東京 
この建築敷地設定から建物設計そして工事費見積工事費決定までの詳細
 
住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅1 東京

住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅2 東京
賃貸併用住宅(建築主住宅部分3階) 東京 重厚感ある館(やかた)のイメージ 
静かな住宅街の環境に包まれた中で 賃貸住宅を感じさせない重厚感ある館 その詳細
住宅設計事務所 建築家のつくる暖炉のある木造住宅 神奈川県  住宅設計のテクニックを駆使することによってどのように魅力ある空間になってゆくのか
そのヒミツのいくつか

住宅設計事務所 建築家のつくる郊外型暖炉のある木造住宅 神奈川県
住宅設計事務所 建築家のつくる郊外型暖炉のある木造住宅 神奈川県
住宅設計事務所 建築家のつくる郊外型暖炉のある木造住宅
建築家のつくる吹き抜け空間を持つ小さな郊外型木造住宅とはどんなものなのか
度重なる リフォーム リノベーション それに伴う耐震補強をおこなってきている住宅です
この詳細 敷地面積165u(50坪) 神奈川県川崎市
住宅設計事務所 建築家の設計する 住まい+アトリエ 東京


この詳細
住宅設計事務所 建築家の設計する 住まい+アトリエ 外観
アトリエ併用都市型住宅 東京 I さんの家 敷地面積94u(28.4坪)
 
住宅設計事務所 建築家の設計する医院ベビー&レディースクリニック1 静岡県 医院併用住宅設計事例
この詳細


静岡県
ベビー&レディース
クリニック
医院併用住宅薪ストーブ
待合室の薪ストーブ
この医院 ベビー&レディースクリニック の魅力に惹かれてここでお産をされる方が
県内の広範囲から集まるのは何故か?
 
住宅設計事務所 建築家の設計する木造3階建て住宅1 横浜 住宅設計事務所 建築家の設計する木造3階建て住宅2 横浜
住宅設計事務所 建築家の設計する木造3階建て住宅3 横浜 


Nさんの住宅
敷地面積55u(16.7坪)というミニマムな敷地に建つ
都市型木造3階建アトリエ併用住宅
  横浜市
   
この住宅の詳細について そして これらの都市型小住宅の事例を御覧下さい

狭小 変形 傾斜 4方をすべて他の住宅に囲まれた旗竿状 等の
厳しい条件下の敷地に建つ都市型住宅設計が
必ずしも狭小住宅になるとは限りません
 
どうして住宅はどれもこれも違う形をしているのか ヨットの 自由な世界 との関係は?
このホームページにその答えがあります
住宅設計事務所 建築家の設計する暖炉のある住宅1 神奈川県     緑に包まれたW夫妻の巣 終つい の 住処
    戸建住宅(個人住宅)(神奈川県)敷地面積776u(235坪)
    木造2階建+鉄筋コンクリート造地下1階(車庫)

    熟年夫婦が毎日の生活を楽しみたいと湘南の自然豊かな環境に建てた住宅

    1階は広い庭とテラスに面した寝室 明るくて広い洗面所浴室
    1階で日中過ごす時間は2階よりも多いのです

    2階はリビング 食堂 オープンキッチンスペースです
    冬には暖炉に 赤い暖かそうな炎が見えます



     
 
この住宅の詳細を御覧下さい
住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス 東京1  住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス 東京3
住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス 東京2
住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス暖炉のある家1 千葉県  この住宅では 2階まで一気に昇る屋根の美しさを強調するため 道路側の壁面は意識的に単純化して開口部をつくらず 結果として塀の機能も兼用しています いわゆるコートハウスの考え方の住宅です
住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス暖炉のある家2 千葉県
住宅設計事務所 建築家の設計するコートハウス 東京4
Yaさんの住宅 この詳細を御覧下さい
コートハウス都市型住宅 混構造
敷地面積191u(57.8坪)東京

このYaさんの住宅 そしてOさんの住宅
この二つの住宅をめぐるブログ(エッセイ)を御覧下さい
Yoさんの住宅 コートハウスこの詳細を御覧下さい
敷地面積 297u(90坪)木造2階建 暖炉のある家 千葉市

住宅設計事務所建築家木村俊介
住宅設計に目指す住宅の姿とは


日本の自然環境の持つ条件を
厳しく かつ大切に受け止める事から出発している

深い軒の出を持つ日本の住宅の美しさ

そして 長い年月をかけて備えてきた
 
その
日本の住宅の優れた性能
 
大切に引き継ぎながら
 
現代の新しい感覚の美しさを求めてデザインされる住宅
                    です

深い軒の出の日本家屋の美しさ 

住宅設計事務所 建築家木村俊介の 住宅を設計する姿勢は

自然環境の持つ条件を 厳しく かつ大切に受け止める事から
出発しています これは まず風雨に対して充分な防備を有し

我が国の夏期の強烈な太陽の光と熱を遮り 適当な風が

吹き抜け
るような開口部を持つ住宅を設計すると言う事です

伝統的な日本家屋であれば 深い庇と 広い開口部によって

これらの条件を満たし 同時にその造形上の大きな

特長を表す事にもなります
 一方 常に新しい住宅の姿を求めて
そのデザインを追求する事も 私達に欠かす事の出来ない
姿勢であると考えています

建物の密集した都市部に建つ木造住宅の伝統的な日本家屋の

姿にとらわれない庇のない新しい形 グローバルでモダンな
感覚のデザインを求めた打ち放しコンクリートと
ガラスで造られる住宅

いずれの場合も安易に新しい形だけを求めるのではなく まず

長い年月をかけて備えてきた従来の住宅デザインが持つ優れた

性能を引き継ぐ新たな手段を合わせて追求しなければ
「住みやすさ」の為にその魅力の虜になってゆくような
住宅にはならないと私は考えています


吹き抜けのあるリビング 

住宅設計事務所 建築家木村俊介は「生活するため」には

機能的にどうか 「生活するため」の優れたデザインであろうか
を常に確かめながら「住みやすさ」の為にその魅力の虜になって
ゆくような住宅に向かって設計を続けています

吹き抜けの空間のすばらしさは その中に身を置いてみないと

なかなか解らない感覚ですが 一度体験してしまうと

その快適さは何ものにも変えられないもので

あるという事がわかります

このような吹き抜け空間で 寒い冬を快適に過ごす為には

周到な建築計画が求められます 床暖房設備を備えるのも

その有力な手段の一つになります


そして その住宅からにじみ出てくるものは
品格 風格 平凡 誠実 謙虚 純粋
であることを目指して 住宅設計事務所建築家木村俊介は 

住宅設計に日々研鑽を重ねています

 
深い軒の出の日本家屋の美しさを求めた暖炉のある混構造住宅 Tuさんの住宅 深い軒の出を持つ日本家屋の美しさを求めた家 
暖炉のある家 混構造住宅(木造+鉄筋コンクリート造)
敷地面積527u(159坪)東京
深い軒の出の日本家屋の美しさを求めた暖炉のある混構造住宅
 
眞壁造りを表現した暖炉のある木造平屋建住宅

1970年竣工
Aさんの2世帯住宅
 
眞壁造りを表現した暖炉のある木造平屋建住宅 敷地面積660u(200坪)東京
住宅設計事務所 建築家の設計する暖炉のある家1 埼玉県
住宅設計事務所 建築家の設計する暖炉のある家平面図 埼玉県
住宅設計事務所 建築家の設計する暖炉のある吹き抜けのリビング 埼玉県
住宅設計事務所 建築家の設計する暖炉のある家2 埼玉県
1977年竣工
Kf さんの住宅
木造平屋建
敷地面積9338u(2829坪)
埼玉県 暖炉のある家
 敷地の東西一杯に建つ細長い平屋建住宅 養鶏場を運営する若き(当時)Kf さんの要求は 明るくのびのびとした 家族の巣 を造ってほしい であった
 住宅の玄関土間は家業の事務室となり居室はどこの部屋も外から長靴を脱いで直接上がるような生活に便利となるように  その勾配屋根は深い庇となりこの住宅の日本的な美しい造形になっている
 建物の東端から西端まで延びたトップライトからの明るい光が落ちてくる高く昇る天井 そして
 赤く燃える暖炉の火を囲みながら体を包み込むようなソファに埋まってくつろぐ至福な夜がある
 
住宅設計事務所 建築家の設計する水平線を強調する住宅 神奈川県  南面の軒の出は深く これをささえる列柱と その奥の構造から開放されたガラス面に
 陰影の美しさと そしてモダンな感触とを求めた住宅設計です


Tpk さんの住宅 川崎市
この住宅の詳細 そして その生活動線を御覧下さい
住宅設計事務所 建築家の設計する住宅の吹き抜けリビング 神奈川県
住宅設計事務所 建築家の設計する敷地を生かした住宅平面図 住宅設計事務所 建築家の設計する敷地を生かした住宅平面図
       1階        2階
2世帯住宅 多世帯住宅設計 を住宅設計事務所 建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

2世帯住宅 多世帯住宅 賃貸併用住宅 設計を 住宅設計事務所 建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

住宅設計事務所 建築家の設計する三世帯住宅テラスハウス型 東京1 住宅設計事務所 建築家の設計する三世帯住宅テラスハウス型 東京2
住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅1 東京

住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅2 東京
住宅設計事務所 建築家の設計する三世帯住宅テラスハウス型 東京3 住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅3 東京
Tさん3世帯住宅 東京(3戸テラス型) Kさん2世帯住宅この詳細を御覧下さい
敷地選定 設計 工事費見積書検討などこの住宅の詳細を御覧下さい
敷地面積304u(92坪)東京
  住宅地にしては車の通行が頻繁な道路に面しているため
細長い敷地の奥に大きな窓が面する中庭を設けています
敷地面積150u(45坪)東京
 
住宅設計事例 10. 二世帯住宅設計外観 2世帯住宅 リビング 東京 多世帯住宅設計 家デザイン 建築外観写真 木造 東京  2世帯住宅計画案 神奈川 二世帯住宅設計 間取り図 (平面プラン) 06−5 東京
Gさん2世帯住宅
詳細を御覧下さい
Syさん2世帯住宅
詳細を御覧下さい
 
Sjさん4世帯住宅
詳細を御覧下さい
 
Kkさん2世帯住宅
詳細を御覧下さい
 
Nmさん2世帯住宅
詳細を御覧下さい
(事例06 
 
2世帯住宅設計の考え方を御覧下さい 
 
2世帯住宅間取り集(平面プラン集)を御覧下さい
 

賃貸併用住宅における 企画 設計 工事監理 の内容 その事例

住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅1 東京
住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅2 東京
S さんの賃貸併用住宅 重量感ある館(やかた) この住宅の詳細を御覧下さい
限られた予算の中で 3階に住む建築主も 1,2階の賃借者達も、胸を張って「ここが我が家だ」と言える建物の実現が住宅設計事務所建築家木村俊介に課せられた課題でした

3階建築主住宅 1 2階賃貸住戸11戸 
地上3階建鉄筋コンクリート造
敷地面積344u(104坪) 東京
 
賃貸併用住宅設計36−1 賃貸併用住宅設計36−3 賃貸併用住宅設計36−9 賃貸併用住宅設計36−7 賃貸併用住宅設計18−1 賃貸併用住宅設計 家デザイン 計画案 外観写真 鉄筋コンクリート造
 
賃貸併用住宅設計アーカイブス 及び 住宅設計事例 19  事例 36  にて各建物を御覧下さい
 
50平方メートル〜100平方メートル足らずの狭小敷地での
住宅設計が 必ずしも狭小住宅になるとは限りません

住宅設計事務所建築家木村俊介は このような
狭小敷地に 戸建住宅はもちろんのこと
二世帯住宅 から 4階建てメゾネット型建築主住宅
を含む賃貸併用住宅まで実現させています

 
住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅1 東京住宅設計事務所 建築家の設計する賃貸併用住宅2 東京
敷地面積82.2u(24.9坪) 東京
Kwさんの賃貸併用住宅 この詳細を御覧下さい


鉄筋コンクリート造地上4階建
延べ床面積240u(72坪)
建築主住宅(3 4階)メゾネット
賃貸住宅(ワンルーム)(1 2階)4戸

56uの4階は トイレを除きLDKの1室空間です
 
この賃貸併用住宅における 企画 設計 工事監理業務の内容 そして他の賃貸併用住宅設計事例の詳細を御覧下さい
2世帯住宅 多世帯住宅設計 を住宅設計事務所 建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
リフォーム住宅設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

リフォーム住宅 リノベーション住宅 設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家1 東京




Fさんの二世帯住宅 リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造
暖炉のある家 東京 詳細を御覧下さい

住まい手が2代続けて 終つい の棲家すみか としてリノベーションすることになった住宅です



住宅のリフォームにも 住宅のリノベーションにも ヨットのリフォーム リノベーションにも
自分のライフスタイルを現したい

Fさんの住宅リフォームの意味を考えるブログ(エッセイ)を御覧下さい

住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家2 東京

住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家3 東京
住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家4 東京
住宅設計事務所 建築家の設計する2世帯住宅リフォーム リノベーション コートハウス 都市型住宅 混構造 暖炉のある家5 東京
1階食堂 1階リビング コートハウス外壁 2階リビング 2階厨房
マンションリフォーム住戸インテリア4   工事予算800万円を目標とした
マンション  リフォーム リノベーション
東京 その詳細を御覧下さい
住宅設計事務所 建築家木村俊介の設計する マンションスケルトンリフォーム住戸インテリア1  黒い空間に白い大理石の床
都会的なセンスの少し遊び心
のあるインテリア空間を考えた
マンション リフォーム
リノベーション 住戸 東京
その詳細を御覧下さい
建築設計事務所 建築家木村俊介の設計するスケルトンリフォーム住宅1建築設計事務所 建築家木村俊介の設計するスケルトンリフォーム住宅2  木造2階建戸建住宅から二世帯住宅
への改修と耐震補強工事を既存建物
の範囲の内でおこなった リフォーム
リノベーション 工事です
 子供たちが巣立っていった大きな住宅
が新しい器(うつわ)として生き生きと 
蘇りました 東京 その詳細を御覧下さい
住宅設計事務所 建築家木村俊介の設計する マンションスケルトンリフォーム住戸インテリア2    ヨットのインテリア空間のイメージ
LDの巨大造り付け家具による
運用 転用 の生活を意図した
マンションスケルトン リフォーム
リノベーション 住戸 東京 
その詳細を御覧下さい
  住宅設計事務所 建築家木村俊介の設計する マンションスケルトンリフォーム住戸インテリア3    スペースの有効活用を徹底させた
マンション住戸の全面改修 東京
その詳細を御覧下さい
 
リフォーム リノベーション住宅設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
リフォーム リノベーション 住宅設計事務所 建築家木村俊介の目指すものとは

リフォーム リノベーション住宅設計事例 マンションリフォーム リノベーション設計事例
 
耐震補強を既存の構造を見通しておこなうスケルトンリフォーム住宅設計 リノベーション設計について
2000年(平成12年)以前に建てられた木造住宅の耐震構造は入念なチェックが必要です
木造住宅耐震補強をおこなうまたとないチャンスは スケルトンリフォーム リノベーション設計時です
 
住まいを包むインテリア空間の形態に合わせた 造り付け収納家具の2つの魅力とは
マンションスケルトンリフォームインテリア 東京    マンションスケルトンリフォーム リノベーションの設計そして予算計画と工事費確認をどのようにおこなうのか
実例 A宅の住戸 レポートを御覧下さい

A宅の設計監理 その1
A宅の設計監理 その2
A宅の設計監理 その3
 

 建築家木村俊介のブログよりKmさん宅の耐震補強
をともなうスケルトンリフォーム リノベーション設計監理
の記録をご覧下さい

その1 2000年以前に建築の木造住宅は耐震の再チェックが必要

その2 耐震補強工事には現場確認が重要である

その3 耐震補強設計における 評点1.0以上 とはどんな意味?

その4 耐震補強の コスト とはどの位のものなのか?

その5 耐震補強では 床面に入念な剛性補強をおこなうことも
     忘れてはならない重要な事項である

その6 住宅の耐震強度と ヨットの船体強度の 余裕 の考え
     方の共通点とは

リフォーム住宅設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか
クリニック 医院の設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのかその設計に目指すものとは ― その実例

クリニック 医院の設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのかその設計に目指すものとは ― その実例

住宅設計事務所 建築家の設計する医院ベビー&レディースクリニック1 静岡県 ベビー&レディースクリニック(医院)+院長住宅
この詳細を御覧下さい
    敷地面積945u(286坪)静岡県

建築設計事務所建築家木村俊介のクリニック(医院)
設計とはどんなものなのか
 

この医院 ベビー&レディースクリニック の魅力に惹かれてここでお産をされる方が県内の広範囲から集まるのは何故か
を御覧下さい


他のクリニックの平面プラン実例も御覧下さい
住宅設計事務所 建築家の設計する医院ベビー&レディースクリニック2 静岡県 住宅設計事務所 建築家の設計する医院ベビー&レディースクリニック3 静岡県
病室 薪ストーブ
クリニック 医院の設計監理を住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのかその設計に目指すものとは ― その実例
別荘設計監理 を 住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

別荘設計監理 を 住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか

 
住宅設計事務所 建築家の設計する別荘スキー山荘 暖炉のある家1 住宅設計事務所 建築家の設計する別荘スキー山荘 暖炉のある家2
住宅設計事務所 建築家の設計する別荘スキー山荘 暖炉のある家3
Ms さんの別荘 スキー山荘 この詳細を御覧下さい
奥志賀高原 敷地面積1175u(356坪)
住宅設計事務所 建築家の設計する別荘 薪ストーブのある家1 八ヶ岳 住宅設計事務所 建築家の設計する別荘 薪ストーブのある家2 八ヶ岳
住宅設計事務所 建築家の設計する別荘 薪ストーブのある家3 八ヶ岳 住宅設計事務所 建築家の設計する別荘 薪ストーブのある家4 八ヶ岳
Y さんの山荘 四季を楽しむ永住用の戸建て住宅
薪ストーブのある家 この詳細を御覧下さい
 
八ヶ岳 敷地面積1021u(309坪)
別荘設計を寒冷多湿地におこなう設計 別荘設計事例 を御覧下さい
 
住宅設計事務所 建築家の設計する別荘 暖炉のある家1 箱根 住宅設計事務所 建築家の設計する別荘 暖炉のある家2 箱根 箱根と東京の2つの住宅に住む
Hさん第2の住宅 箱根の家 この詳細を御覧下さい 
箱根 暖炉のある家 敷地面積1071u(324坪)
別荘設計監理 を 住宅設計事務所建築家木村俊介はどのようにおこなうのか


狭小 変形 傾斜 4方をすべて住宅に囲まれた旗竿状 等の厳しい条件下の敷地に建つ都市型小住宅

住宅設計事務所 建築家の設計する木造3階建て住宅1 横浜 住宅設計事務所 建築家の設計する木造3階建て住宅2 横浜

Nさんの住宅 
55u(16.7坪)の敷地に建つ
木造3階建アトリエ併用住宅の詳細を御覧下さい
 
住宅設計事務所 建築家の設計する 狭小 変形 傾斜の敷地に建つ住宅 神奈川県 住宅設計事務所 建築家の設計する 狭小 変形 傾斜の敷地に建つ住宅平面図 神奈川県 狭小 変形 傾斜 のモデルのような厳しい条件の敷地に建つ
Y さんの住宅 この住宅の詳細を御覧下さい

延べ床面積94.6u(28.7坪)

敷地面積73u(22坪)
     
厳しい条件下の敷地に建つ都市型住宅 東京  厳しい条件下の敷地に建つ都市型住宅 東京 Ti さんの住宅4方をすべて住宅に囲まれた旗竿状の敷地に建つ都市型小住宅
この住宅の詳細を御覧下さい


敷地面積100u(30坪) 東京
住宅設計事務所建築家木村俊介がおこなうこの木造住宅工事監理の実施内容を
御覧下さい
     
住宅設計事務所 建築家の住む都市型住宅 東京 住宅設計 モデルルームストーブの写真 住宅建築家の住む都市型住宅 モデルハウス 食堂2 住宅建築家の住む都市型住宅 モデルハウス キッチン 住宅設計事務所 建築家の住む都市型住宅 断面透視図
都市型併用住宅
鉄筋コンクリート造
敷地面積77平方メートル
(23.3坪)   東京
狭小 変形 傾斜など 条件の厳しい敷地に建てる住宅設計の原点は この木村俊介建築設計事務所+建築家木村俊介自宅の建築です
 
   
住宅設計事務所 建築家の設計する住宅(終の棲家)1 東京 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅(終の棲家)2 東京 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅(終の棲家)3 東京 住宅設計事務所 建築家の設計する住宅(終の棲家)4 東京住宅設計事務所 建築家の設計する住宅(終の棲家)5 東京 LDK そして寝室のワンルーム住宅
敷地面積196u(59坪)木造平屋建 
東京
Im さんの住宅(終 つい の棲家 すみかこの詳細を御覧下さい
 

薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川
薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川 薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川 薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川 薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川 薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川
   
薪ストーブのある住宅インテリア 神奈川 Mt さんの薪ストーブのある住宅 3方を隣地に囲まれた細長い敷地に建つ木造2階建住宅 
敷地面積143u(43坪) 神奈川
 

建築家木村俊介 その住宅設計事務所 は 住宅の設計監理業務を専門とする 純粋の建築設計事務所です

建築家木村俊介とそのひきいる住宅設計事務所は 住宅工事施工会社から完全に独立した純粋の住宅設計そして工事監理業務のみをおこなう存在です
ここが ハウスメーカーの設計部門 あるいは住宅施工会社を傘下に擁する設計事務所 と根本的に異なるところです
 
施工会社の立場は 住宅施工を通じて会社の収益を求める事にあるので その立場を曲げてまで設計事務所と同じように
客観的な立場に立って 建築主のために住宅設計をおこない工事を監理してゆくと期待するのは難しいことではないでしょうか
 
住宅設計事務所木村俊介のおこなう 住宅設計 工事監理業務の 完全な独立性 について御覧下さい
 
建築家 そして建築家がひきいる住宅設計事務所は貴方にとって 施工会社に対しての貴方の代理人となる
価値ある専門職の存在になるのではないでしょうか
神の民の家(教会) 幼稚園牧師住宅併用 外観 住宅設計事務所 建築家の設計する神の民の家(教会)幼稚園牧師住宅併用建物2 横浜
神の民の家(教会) 幼稚園牧師住宅併用建物この家の詳細を御覧下さい
敷地面積996u(301坪) 木造1階建一部2階建 横浜
上記それぞれの写真をクリックしてその住宅設計事務所設計の住宅の詳細を御覧下さい(一部リンクが無い写真もあります)

住宅設計事務所建築家木村俊介の 住宅設計全39事例

ローコスト狭小住宅設計から 大型住宅設計まで 家設計 注文住宅設計 家デザイン

戸建住宅設計から 二世帯住宅設計 医院設計 賃貸併用住宅設計 別荘設計 教会設計まで

住宅設計事務所建築家木村俊介 住宅インテリア設計全53事例

住宅設計事務所建築家木村俊介 造り付け収納家具設計

住宅設計事務所建築家木村俊介 暖炉設計 薪ストーブ の話

                                        50基を超える暖炉の設計とは

 
住宅設計相談を歓迎します

住宅設計相談を無料でお受けするのは何故なのか?
あなたの土地選定はそれで大丈夫ですか?


住宅建築家木村俊介がお受けする
住宅設計相談
は 住宅設計事務所の
おこなう重要な業務
と考えております
     
新型コロナウイルスの感染及び拡散防止対策に努めております
まずは 電話あるいはメールをいただき 協議の 方法 その日時 について
建築家木村俊介との御約束を頂いた上 御相談をさせていただきたいと考えます
電話あるいはメール等の具体的な御案内方法を御覧下さい
     
新型コロナウイルス禍対策のため 当分の間 当設計事務所は下記のように業務をおこないます
平日 午前10時始業
金曜日 各自在宅ワーク
ご迷惑をおかけ致しますが この間事務所不在中の御連絡はメールまたはファックスにてお願い申し上げます
尚 住宅設計相談日時は 設計事務所業務時間外 休日 夜分 にも対応させていただきます
   
signspot 住宅設計事務所 建築家木村俊介 ページトップへ戻る
   
一級建築士事務所 (株)木村俊介建築設計事務所   〒152-0023 東京都目黒区八雲2-20-15 TEL 03-3718-8105 FAX 03-3718-8106
木村俊介建築設計事務所 建築家木村俊介は 建築基準法をはじめとした各法令遵守についての厳しい義務を有していることを認識しております
仕事上得た個人情報守秘義務の重要性を 建築設計事務所 建築家 建築士 として厳しく認識しております
住宅設計事務所 建築家木村俊介所属団体
更新2021年10月
 
トップページ ページ更新10/21
 住宅建築家の住む設計事務所併用の小さな 都市型住宅 とはどんなものなのか ページ更新09/16
トップページ ページ更新09/14
住宅設計をとりまく最新情報 ページ更新05/27
住宅設計相談を歓迎します ページ更新02/08
お問い合わせのページ を住宅設計相談のページに移設 ページ更新02/04
「住宅設計」 と 「注文住宅設計」「デザイナーズ住宅設計」「家デザイン」「住まいの設計」「家 設計」など との違いはあるのか?

「住宅設計」 は 住宅設計事務所が設計する内容を 「家 設計」 などの用語に比べて より広義の意で表していると考え このサイトでは 「住宅設計」 を これらの意の全てを表す用語として用いています

Copyright (c) 2002〜 Shunsuke Kimura architect. All rights reserved.